• Instagram - Grey Circle

ⓒ 2016 Keito Designs

Search

Mindsets and practices that enriched my life this year

ほんの少しの勇気とチェンジで、人生って大きく変わるし豊かになると実感した一年でした。私の2019年を豊かにした意識の持ち方、小さな行動の変化を紹介します!振り返ると共に、もっともっとできる余地があるな〜と感じてもいます。



Do it anyway

怖くても、結果がわからなくても、とにかくやる。笑

怖くなってからやるんではなくて、やるから怖くなくなる。怖いままかもしれない、でもできている。なぜならやってしまったから。笑

完璧主義な私はそうすることで、言葉よりも行動、予想よりも実践が増えました。


Meet with love & compassion

今年は特に、浮かび上がってきたどんな癖や意識に対しても、愛と思いやりを持って向かい合うことを意識しました。そうしたら、他に人に対する厳しさも減った気がします。厳しくなってしまうときも、いままでよりも冷静にその理由にすぐ気づくことができるようになりました。


そして、いまだに「あぁ〜」と落ち込むことがないわけではありません。でもそれにさえも、愛と思いやりをもって接しています。ジャッジをジャッジすることも大幅に減り、生きることが楽になりました。(このことについては KNOW THY SELF WEBINAR で詳しく説明しています)


Self-worth is not a fact but a story

自己価値感(自分には〜くらいの価値がある、自分は〜に値する)は実際の能力や実績とは実は関係なく、単なるストーリーに過ぎないということに気づいたこと。これに気づいてから、より臆することなくたくさんのことにチャレンジできるようになりました。


Learn from your expanders

エクスパンダーから学ぶ。エクスパンダーとは、Lacy Phillips が生み出した造語で、自分の価値感、世界観、可能性を広げてくれる生き証人のような人のこと。お手本になる人とも言えますね。それぞれの分野でお手本にしたいな、と思う人と時間を過ごしたり、お話や人生観を聞いて、「こういうところを取り入れたいな」と思うことを実践しました。



Everything is an opportunity to be creative

物事・出来事を「いい悪い」の二択で決めるのではなく、「この経験から次に繋げてストーリーを面白く、そしてクリエイティブにしていくとしたら…」という目線でみるようにしていました。「いい悪い」はとても視野の狭い味方で、その時は「いい」とおもったことも、出来事が展開していくと、「悪い」ものの種を持ち合わせていたことに気がつきます。その逆も然り。だから「いい悪い」で物事を捉えていては、きりがないのです。人生はダンス!


Everything and everyone has something to teach you

起きる全てのこと、出会う全ての人が自分に大切なことを教えてくれている。

その人どうこう、その出来事どうこうのところにフォーカスせずに、それをきっかけに、「自分の中で起きているフィーリング」にフォーカスすることで、大切な気づきをすぐに見出せるようになりました。そういうとよく誤解されがちなのが、「あの人は自分の嫌なところ、直さなきゃいけないところを見せてくれている」と、ネガティブに、そして厳しく捉えがちですが、そういうのではありません。ギフトに気づくたびに、毎度毎度、こんなにもっと自分のことを愛せるのか、こんなにもっと自分自身に優しくなっても世界って変わらず周っていくのか。と実感するようになりました。


Say no, more.

「ノー」を言うこと、心が踊らないことは断ること、付き合いだからと誘いにすぐにのらないこと。同時に、今までは「ノー」だったことに「イエス」を言うことも増えました。私の場合、人からサポートを受けることに「イエス」を言うことを増やしました。そうしたら、プライドが柔らいできました!どんな風に人生変わるかなって遊び感覚で「イエスとノー」の使い方を変えてみると面白いかも。結局はその連続で人生成り立っていますもんね。いままでと違うイエスとノーで、違う展開になっていくところも、あるんじゃないかな。


Dr. Joe Dispenzaが書いた「Breaking the habit of being you」という本があるんですが、私まだ読んでないんだけど(笑)、タイトルにすでに大共感。


「自分でいる習慣(癖)を手放す」と言う意味なんだけど、「自分はこういう人間だと思う」というようなパーソナリティレベルの自分という概念が、「私はAを選ばない、だってわたしらしくないもの」「わたしはそれをやらない、だって今までそうしろと教えられてきていないもの」というように、あなたの本当のポテンシャルを閉じ込めているケージのようになっていることがほとんど。年末年始はこの本をはじめ、ずっと気になっていた本をたくさんオーダーしたので、引きこもってゆっくり読むのが楽しみ!

みんなはどうかしら?どんな心がけで、どんな風に人生が変わったと感じますか?


1月から、前回大好評だったウェブセミナーがまた始まります。自己の理解と繋がりを深め、自分自身のヒーラー、そして一番の理解者になるためのプログラムです。自分の癖が変わるためには、新しいチョイスをしていくことが欠かせません。週に一回、4週間にわたってマインドフルな時間をもつことで、心の在り方がどう変わるか、ぜひ実感してみてください!遠方にお住まいで、普段対面のセッション、ワークショップにご参加できない方にもおすすめです。

水曜日クラス 1/8, 1/15, 1/22/, 1/29 10am-11:30am

土曜日クラス 1/11, 1/18, 1/25, 2/1 10am-11:30am

⭐︎水・土で振替も可能です。各セッション終了後、録音音声と使用するPDFが送られます。


【クラスの内容】 WEEK 1: AWARENESS & JUDGEMENT 「気づきとジャッジメントの違い」を紐解いていきます。ジャッジメントを無理やりやめるのではなく、ジャッジメントのメカニズムを理解することにより、「良い悪い」を超えた豊かな捉え方、人生との関わり合い方へとシフトすることができます。

WEEK 2: ESSENCE OF FORGIVENESS 「許しのエッセンス」を理解することは、自分自身の中にあるエネルギーの滞りや固定概念、狭くなった視野を手放すのにとても効果的です。「あの人が、自分が、悪い悪くない」の許しではなく、エネルギーの観点から見た「許しのエッセンス」をお伝えします。

WEEK 3: CONNECT & GROUND ガイア(地球)と繋がり、そしてグラウンディングしていきます。ガイアと繋がり、グラウンディングすることは、私たちにとって最も身近なホームであるこの体の中にグラウンディングすることでもあり、これは根本的な自分自身のエネルギーフィールドのケアに繋がります。

WEEK 4: SELF-LOVE/SHADOW HEALING WORK 自然(ネイチャー)をみていると、自分を愛すること、肯定することは自然(ナチュラル)なことだと気づきます。私たちの中にある、そして集合意識の中にあるシャドウの部分は、全て否定から始まっています。セルフラブへと還ってくるためのマントラ、そしてシャドウのヒーリングに特化した誘導瞑想を実践していきます。


受講してから人生の見方、自分との向き合い方が全く変わった、と言う方がとても多いKNOW THY SELF WEBINAR。ウェビナーという枠におさまらないような、ヒーリングのエネルギーに溢れた時間です。詳細、お申し込みはこちらから。パワフルに自分自身の人生をクリエイトする2020年にしていきましょう!

178 views